ほしのやプレゴについて 

 

プレゴは この仕事を始めた頃に届いた言霊。


最初は柔らかそうにみえたけど、実は手強い殻に包まれていて、

こんなに長く使う言霊が入っているなんて気づかなかった。


言霊は幾度も殻を破り形を変えて、今は pre-go

go(する)の前~という感じ で使っている。


"ほしのや”は 2013年頃にうかんできた言葉。


星の家  ほしのカケラである私たちの ホーム
星の夜  見上げる夜空 私たちの故郷
星の埜  宇宙の裾野 私たちの生きる場
星の矢  心の命ずる 命の向かう先 


人と人、想いと想い、時と時とが、出会い交感してできる場。
見えなくても、そこにいなくても、一緒だなって 感じられる場。


プレゴが そんな場であるように、との想いで屋号にしました。


友達は大勢いるのに 独りが胸に沁みる時、
身体がガチガチで  窮屈に感じる時、

想いが廻るばかりで 道に迷ったように感じる時、

そんな時は お目にかかりましょう。
肩の荷をおろし 羽をのばし、未来を探りましょう。
 
身体のこと 心のこと 命のこと 生きること 
いま自分が直面している あれやこれ。

想いは言葉にすることでかみくだき、星と共に考え、

疲れたら しばし時の巡りにゆだねましょう。


大切な身体へのケアは、手の業と星の巡りを組み合わせ 丁寧に働きかけます。
  


あなたが自分本来の元気を取り戻し、ここからまた はじめられますように。


それは 今も昔も これからも 変わらない プレゴと寿の願いです。

これからも どうぞ ご愛用ください。